茨城県水戸市にある音楽専門学校。音楽科・音楽療法科を設置。少人数制でアットホームな校風です。

音楽療法科

  • HOME »
  • 音楽療法科

音楽療法科

この学科の特徴は音楽だけでなく、臨床心理学や障害者福祉論で新しい療法の形を考えていきます。一年目は音楽と療法の理論、声楽、ピアノの実技を通して音楽療法士の土台を作ります。二年目からは施設実習を取り入れて、患者(クライエント)とのコミュニケーションから自身に対する音楽療法の在り方を分析していきます。

日本音楽療法学会 音楽療法士(補)受験資格校にも認定されています。

音楽療法士になるあなたへ

012基礎科は講座内容の多くが音楽理論と音楽療法の概論、そして歌とピアノの実技といった基礎を学びますピアノと歌は音楽療法のいろいろな場面で用いられて欠かす事のできない存在です。唱歌、演歌、アニメ、ポップスなど、どんな曲でも歌えて伴奏ができるように技術を高めていきます。ピアノと声楽のレッスンは、ピアノが1レッスン50分、声楽が25分のマンツーマン指導です。レッスン時間は増す事も可能で、個々にあわせたレッスン内容となっています。

音楽療法の現場では、患者(クライエント)にあわせて曲を選び提供する必要があります。各時代の音楽と時代背景を知る事で選曲の幅が広がりクライエントに相応しい曲を見つけやすくなります。そのためにも西洋とポピュラー音楽の歴史を取り入れています。楽典、心理学、療法概論など、各方面の基礎知識と共に学んでいきます。

011一、二年次からは実習を交えて、これまでに積み上げてきた実技論を応用し発展させていきます。
週に一度の施設実習では、施設での音楽療法活動に学生自身が直接関わってクライエントとのコミュニケーションを計ります。現場では伴奏や移調が瞬時に求められたりと、一年次の基礎理論を応用、発展させる場面が数多くあり、実際に療法活動をしなければ見えてこない一面を知る事ができます。施設長と音楽療法士の指導の基で[アセスメント、治療目的の設定、療法の実施、治療行為の課程を振り返る]といった音楽療法の流れを組み立てて実際に行い、セラピストとしての経験を育みます。

 

 

 

卒業生の現在

日本音楽療法学会認定音楽療法士
og03

長谷川 里子
ピアノを教えること、音楽療法をすること、このどちらも必要なのが、相互の信頼関係を作り出し、伝えたいことを伝えやすくするための「技」だと感じています。そのための日々の勉強で多くの知識を得ることが技術を向上することにもつながると思います。

自宅でのピアノ教室の他、児童デイサービス施設や高齢者のケアセンターにおいて音楽療法を担当していますが、この仕事で大切なもうひとつのことは「ユーモア」と「思いやり」だと実感しています。

 

 

 

 

北水会グループ ケアレジデンス水戸

og04
馬目 阿佑美 <音楽療法士(補)取得>

介護付有料老人ホームで音楽療法を担当しています。
実際に現場に出てみると今までの知識を実践的に活用しなければならないので、思ってた以上に大変なことが多いですが、不慣れな部分は、他の専門職の方に助言をいただきながら、毎日仕事をしています。

お気軽にお問い合わせください TEL 029-248-0521 9:00 - 19:00 【土・日・祝日を除く】

  • facebook
  • twitter

進学ネット

進学ネット

ベスト進学ネット

ベスト進学ネット

茨城音楽専門学校

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.