先日、12月22日(日)

音楽療法科の学生が実習や卒業論文などでお世話になっている、高齢者グループホームのクリスマス会にご招待いただきました。

いつものプログラムをアレンジしたスペシャルプログラムと演奏時間約5分の超大作!ピアニカで奏でる『X’masメドレー』を行いました。
音楽療法を行う者にとっての最高のご褒美、「笑顔」を皆様からいただき、最後は『笑う門には福来る!!』と唱和してクリスマス会は終了しました。

 

 

毎年この時期、後輩たちは、年明けに音楽療法認定試験を受験する先輩たちから、臨床実習の主導を受け継ぎます。

受験生!先輩たちから受け継ぐ後輩たち!2020年がみんなにとって福多き年になりますように。